≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KENWOOD Media Keg MG-G608 レビュー

Pic_MG-G608.png

KENWOODのDAP。容量8GB。

付属イヤホンのレビューはこちら
http://monoadc.blog64.fc2.com/blog-entry-124.html

※リンク メーカー製品情報ページ Amazon


■周波数特性
FR_MG-G608.png



■出力インピーダンス
Zo_MG-G608.png



■RMAAによる歪率等の測定結果
 負荷16Ω、Volume 30/30 で測定


■RMAAによる歪率等の測定結果 その2
 TripleFi 10、AURVANA In-Ear2を接続 Volume 30/30 で測定




■インパルス応答
Impulse_MG-608.png
位相は反転しているものの理想的な形で周波数依存性はなくフラットな様子。



■イコライザの効果
MG-G608_EQ.png




以下私の主観的評価など。事実とは異なる部分もあるかも。


物理的特性(音質)は良い。負荷接続時のクロストークが大きいのは気になるが
(単純計算で内部GND共通インピーダンスが0.1Ω程あるということ)、
それ以外の特性はどれもなかなか優秀と言っていいと思う。

とりわけ出力インピーダンスが0.5ΩとDAPにしてはかなり低めなのは素晴らしい。
BA型、特に10ProやXBA-4、CK100Proなどインピーダンスが最小数Ωしかない機種を
使っている人にとってはDAPを選ぶ上で最も注目すべきポイント。


反面、使い勝手はiPodやWalkmanに比べてかなり悪い。
個人的に特に気になったポイントを挙げると

・ファイルの再生開始時にプツっという小さなノイズが入る
・バッテリーの持ちがイマイチ
・ファイル選択が面倒
 ウォークマンなら頭文字>ファイルというようにして短時間で選択できるが
 MG-G608では1曲ずつ順番に送っていくしかない

といったところ。


既に生産完了になっていて7000円前後で手に入るので
使い勝手の悪さを許容できるならオススメできるDAPだと思う。



| DAP, DAC, ヘッドホンアンプ | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。