≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白いコンパクトスピーカー探し

白(ホワイト)のブックシェルフスピーカーで気になる機種をまとめた自分用のメモ記事。
メーカーや代理店、測定データがあるサイトへのリンクなど。

今はSC-N7のバスレフポートにストッキングを詰め密閉化して使っているが、
低域の再生周波数限界が物足りないこと、
奥行きが236mmありデスクトップで邪魔に感じることなど不満が出てきたため、
より奥行きの小さいスピーカー+サブウーファーの2.1chシステムに更新する予定。


■スピーカー選びの個人的基準

・色が白(ホワイト)であること。
・グリル、サランネット(スピーカーネット)も白が望ましいが、
 ネットぐらいなら自作も可能なので妥協できる。
・デスクトップに置いて邪魔にならないこと。目安は奥行き160mm以下。
 壁掛けにできればなお良し。
・密閉型であること。バスレフ型でもポートが見えない位置にあり、
 何か詰めて密閉化したときに目立たないなら問題ない。
・重低音はサブウーファーで補うのが前提なので、
 低域は80Hzで-6dB程度出れば十分。
 もちろんより下まで出るならその方が良いが。
・もともと「高音質」を求めてはいないため、価格は安いほど良い。
 私の環境(何の変哲もない6畳間の隅でPCデスク上に置きPC前で聴く)では
 どれだけ良いスピーカーを置いても宝の持ち腐れにしかならず、
 もし予算を増やすならまず部屋の模様替えに使いたい状況なので。
・見た目や使い勝手が良ければ価格は多少高くなっても構わない。



■購入候補

Tangent EVO E4
http://www.tangent-audio.com/en/model/105_EVO-E4-bookshelf-speaker.html
http://www.porcaro-line.co.jp/tangent/evo1.html

http://www.salonav.com/arch/2010/11/038-tangent.htm
http://hifi-reviews.ru/blog/other_reviews/315.html
ペア3万円程度。奥行き160mm。壁掛け金具付属。購入候補筆頭。
このサイズの密閉型の割にf0が100Hzと低く低域の再生限に優れる。


Pro-Ject Speaker Box 4
http://www.box-designs.com/main.php?prod=speakerbox4&cat=speakers&lang=en
http://naspecaudio.com/pro-ject-box-component/speaker-box/
ペア3万円強。奥行き160mm。
Tangent EVO E4とはスペックが非常に近いが、こちらの方がわずかに背が高い。
低域の再生限などの特性が不明なのでEVO E4やRadius90HDより手が出しにくい。


MONITOR AUDIO RadiusHD R90HD
http://www.monitoraudio.co.uk/products/radius-hd/r90hd/
http://www.hifijapan.co.jp/RadiusHD.htm

http://www.salonav.com/arch/2010/11/038-monitor.htm
http://hifi-reviews.ru/blog/other_reviews/315.html
ペア5万円弱。奥行き140mmと非常にコンパクト。壁掛け金具付属。


B&W M-1
http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Theatre_Solutions/Mini_Theatre/M-1.html

ペア5万円程度。奥行き162mm。壁掛け金具付属。
個人的にはデザインがあまり好みでない。


MONITOR AUDIO Apex 10 WH
http://www.monitoraudio.co.uk/products/apex/a10/
http://www.hifijapan.co.jp/apex.htm

http://www.salonav.com/arch/2010/08/024-ma.htm
ペア8万円程度。奥行き140mmと非常にコンパクト。壁掛け金具付属。
側面の一部が銀色のデザインは個人的には好みでない。


PIEGA TMicro3
http://www.piega.jp/products/tmicro3_01.html

ペア8万円程度。奥行き130mmと非常にコンパクト。
ただ、公式スペックの 再生周波数特性:60Hz-22kHz (±3dB) はちょっと信じがたい。




■低域の再生限が不足しそうな機種

実測データ、公式スペック、仕様からの予測などから判断し、
私にとって十分な低域再生限(80Hzで-6dB程度)を満たしていないと思われるもの。

DENON SC-A7L2
http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?Catid=78def8bc-9739-49bf-9799-51e84335abe2&SubId=f4600623-e5f9-4ea3-84fe-4314a1ecc2dd&ProductId=f2b37085-5ca2-4351-a3da-8e4e74cb7667

DENON 7L2シリーズのサテライト用スピーカー。ペア3万円弱。
密閉型。ウーファーが8cmで、低域の再生限に不安あり。
仕様では「再生周波数帯域: 80Hz~90kHz」となっているが…
80Hzで-10dB程度と考えてよいのだろうか。


富士通テン ECLIPSE TD307MK2AWH
http://www.eclipse-td.com/products/td307mk2a/index.html

インパルス応答の再現性を重視しているらしいスピーカー。ペア4万円弱。
デザインは悪いとは思わないが、個人的には全く好みではない。
仕様では100Hzで-10dBとなっており、低域が全く足りない。


Audio Pro ALLROOM Sat
http://rocky-international.co.jp/audio_pro/allroom/allroom.html
http://www.op316.com/tubes/toy-box/allroom-tune.htm
ペア4万円強。f0が約200Hz…密閉化すれば多少下がるだろうがさすがに高すぎる。




■サイズが大きめの白ブックシェルフ

私にとってデスクトップに置くには大きすぎるため購入候補から外れる機種。
いずれもう少し広い部屋に住めるようになったらこの中のどれかを買うかも。


DENON SC-N7
http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?ProductId=c0d8aecf-611e-4939-9bef-9d3b93030162

現在使用中。ペア10000円以下。
音質的には特に不満はないが、特性の良いスピーカーと比較したことがないからかも。
スピーカーのコーンまで白で、ほぼ真っ白なのが素晴らしい。
見た目は値段なりの安っぽさだが、真っ白デザインは悪くはないと思う。


DENON SC-N8
http://www.denon.jp/jp/product/pages/Product-Detail.aspx?Catid=8c0df413-b8d2-40c1-a09d-e42128cea96b&SubId=38c1ec23-c813-4a33-b53c-0c0b399a3a4f&ProductId=SC-N8

SC-N7の後継機。ペア10000円以下。


DALI ZENSOR1
http://www.dali-speakers.com/en-US/Loudspeakers-1/ZENSOR-1.aspx

http://www.stereophile.com/content/dali-zensor-1-loudspeaker-measurements
ペア3万円程度。
日本国内の代理店ではホワイトは扱われていないが、並行輸入品を売っている店から購入できる。


Tangent EVO E5
http://www.tangent-audio.com/en/model/106_EVO-E5-bookshelf-speaker.html
http://www.porcaro-line.co.jp/tangent/evoe5.html

http://www.tangent-audio.com/media/pressReview/184/Tangent%20Evo%20E5%20-%20Hifi%20&%20Musik%20(S)%20Februar%202009.pdf
http://www.mbnet.fi/artikkeli/nettijatkot/nettijatko_pienet_ja_edulliset_3_2010
ペア5万円弱。密閉型のEVO E4と異なりこちらはバスレフ型。
E4よりユニットも箱も大きいにも関わらずf0はこちらの方が高い。


Pro-Ject Speaker Box 5
http://www.box-designs.com/main.php?prod=speakerbox5&cat=speakers&lang=en
http://naspecaudio.com/pro-ject-box-component/speaker-box/
ペア3万円強。


B&W 685
B&W 686
http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/600_Series/products.html
http://www.hometheater.com/content/bampw-600-series-speaker-system-and-onkyo-tx-sr805-av-receiver-ht-labs-measures-bampw-600-se
ホワイトモデルはなぜか日本では売っている店がない。
メーカーの日本語ページにはホワイトが確かに載っているのだが…


B&W CM1
B&W CM5
http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/CM_Series/products.html

http://www.soundstagenetwork.com/measurements/speakers/bw_cm1/
http://www.audioholics.com/reviews/speakers/bookshelf/bw-cm1/cm1-measurements-and-analysis
http://audio.com.pl/testy/bandw-cm1:1
CM1はペア8万円程度。CM5ホワイトは日本では売っている店がないようだ。


DYNAUDIO Excite X12
DYNAUDIO Excite X16
http://www.dynaudio.com/int/home_loudspeaker_systems/excite/excite.php

http://www.stereophile.com/content/dynaudio-excite-x12-loudspeaker-measurements
http://www.soundstagenetwork.com/measurements/speakers/dynaudio_excite_x12/
それぞれペア12万円、17万円程度。
ハイグロス・ラッカー・ホワイトは特注カラーらしく納期が2か月程と長い。


富士通テン ECLIPSE TD508MK3
富士通テン ECLIPSE TD510MK2
http://www.eclipse-td.com/products/index.html

それぞれペア10万円、20万円程度。


MONITOR AUDIO Silver RX1 HGWH
MONITOR AUDIO Silver RX2 HGWH
http://www.monitoraudio.co.uk/products/silver-rx/
http://www.hifijapan.co.jp/SilverRx.htm

http://www.hometheater.com/content/monitor-audio-silver-rx8-speaker-system-ht-labs-measures
http://www.hometheater.co.il/article03963.Monitor-audio-Silver-RX2-%D7%A1%D7%A4%D7%95%D7%A8%D7%98-%D7%90%D7%9C%D7%92%D7%A0%D7%98.html
それぞれペア8万円弱、9万円強。


MONITOR AUDIO Gold GX50 PW
MONITOR AUDIO Gold GX100 PW
http://www.monitoraudio.co.uk/products/gold-gx/
http://www.hifijapan.co.jp/goldgx.htm

それぞれペア15万円、20万円程度。




白のスピーカー自体少ないことに加えて、
海外では売っているのに日本では白だけ売られていないスピーカーも多い。
あとは折角のホワイトモデルなのにグリルは黒なのが多いのも残念。
もっと色々な価格、サイズで真っ白なスピーカーが選べるようになって欲しい。

| スピーカー, サブウーファー, プリメインアンプ | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。