≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

廉価な小型プリメインアンプ3種の比較

Pic_AP05.png
Pic_KAF-A55.jpg
Pic_KA-S10.png

FOSTEX AP05、KENWOOD KAF-A55、KA-S10の特性を同条件で測定した結果など。


■測定条件
Arta、Steps共にDSO NANO v2を使いキャリブレーションした。
MLS使用、Average10、analyze delayは6.83ms。その他はVer1.7.1のデフォルト条件。

録音機(オンボードサウンドラインイン端子)の録音ボリュームは33とした。
このときのmax inputは1.483V (peak) であった。

測定はSC-N7+AT567S(1.5m)をアンプ両chに、
PCラインイン端子をアンプLch出力端子に、並列に接続して行った。

HP-A7の無負荷時出力、アンプのSC-N7接続時出力ともに
0dBFS, 1kHzサイン波再生時1.0Vrmsとなるようボリュームを調整した。
このときのHP-A7のボリューム位置は7強。AP05のボリューム位置は2時前後。
KAF-A55はAUX IN端子を使用し、ボリュームは23に設定した。
KA-S10はAUX端子を使用し、ボリューム位置は11時前後。サブウーファー端子含め他の端子は開放とした。




■周波数特性(振幅、位相)
PMA_FR_HP-A7_LineOut.png
PMA_FR_AP05.png
PMA_FR_KAF-A55.png
PMA_FR_KA-S10.png




■歪率特性
PMA_THD1_HP-A7_LineOut.png
PMA_THD1_AP05.png
PMA_THD1_KAF-A55.png
PMA_THD1_KA-S10.png




■RMAAによる測定結果




■参考リンク

FOSTEX AP05 レビュー
http://monoadc.blog64.fc2.com/blog-entry-139.html

KENWOOD KAF-A55 レビュー
http://monoadc.blog64.fc2.com/blog-entry-158.html

KENWOOD KA-S10 レビュー
http://monoadc.blog64.fc2.com/blog-entry-160.html



  

| スピーカー, サブウーファー, プリメインアンプ | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。