≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NEC LaVie Tab W TW708/T1S オーディオ出力レビュー

Pic_PC-TW708T1S_1.png

NEC製2014年秋冬モデルのWindows 8.1 搭載8インチタブレット、
LaVie Tab W TW708/T1S (型番:PC-TW708T1S)
のオーディオ出力測定結果(16Ω、アルバナ2、無負荷時)について。

TW708/T1S の使用感については以下の記事に書いています。
http://monoadc.blog64.fc2.com/blog-entry-186.html


以下の測定はいずれも再生側のVolumeを最大とし、録音側のVolumeを最適化して行った

■周波数特性
FR_PC-TW708T1S.png



■出力インピーダンス特性
Zo_PC-TW708T1S.png



■RMAAによる測定結果
PC-TW708T1S RMAA結果 (Volume最大, 無負荷&AURVANA In-Ear2負荷時)
 
上記RMAA結果では重負荷接続時のアンプの歪が評価できていないため、
(AURVANA In-Ear2接続時の結果ではイヤホンによる歪が支配的)
16Ω負荷でVolume最大, 1kHz, 0dBFSサイン波再生時の歪率を測定した。

THD_1kHz_PC-TW708T1S.png

結果は0.04%程度であり、実用上アンプの非線形歪が問題になることはまずなさそう。



■最大出力電圧

0.904Vrms (Volume 最大, 0dBFS, 1kHzのサイン波再生時の実測値)



 

| PC | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。