≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SONY Xperia J1 Compact ヘッドホン出力レビュー



SONYのSIMフリースマートフォン、Xperia J1 Compactのヘッドホン出力特性について。


■周波数特性
FR_Xperia_J1_Compact.png



■出力インピーダンス
Zo_Xperia_J1_Compact.png



■RMAAによる歪率などの測定結果
再生ボリュームMAXとし、無負荷(ラインイン直結)および16Ω負荷で測定した。



■最大出力電圧

0.247 Vrms (Volume MAX, 0dBFS, 1kHzのサイン波再生時の実測値)



■個人的感想

DAPとして
何故かSONY機はApple機より音質が良いという迷信があるが、
S-Masterを積んだWalkman A865では史上最高音質を謳いながら特性が極めて悪く、
SシリーズやEシリーズは特別悪くもないがiPod/iPhoneには明確に劣っていた。

Xperia J1 Compactも、特別悪くもないが良くもない特性。
最大出力電圧が約0.25Vrmsと小さめなのもこれまでのSONY機同様である。
オーディオ機器としても普通に使えるが、特性や最大出力で優れるiPhoneの方が良い。
オーディオ機器としてのiPhoneは4以降どれも特性が極めて良くハズレがない。

スマホとして
私はコンパクトなスマホが好きで、カメラボタンの使い勝手が極めて良いこともあり
Xperia J1 Compactは気に入っている。
iPhone SEにカメラボタンが付いたような機種が出ない限り次もSONYのスマホを選ぶだろう。

| DAP, DAC, ヘッドホンアンプ | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。