≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イヤホンのインパルス応答 測定結果一覧

ARTAでイヤホンのインパルス応答を測定した結果の一覧です。
CSDやFRに変換していない生の波形しかないので、見てもあまり何も分かりません。
が、まあ折角測ったので載せておきます。
周波数特性との対応を見ていろいろ考える材料にはなるかも。

※参考リンク ソノベ氏によるインパルス応答についての分かりやすい解説


HP-A7出力のインパルス応答(今回の条件での理想的応答です)

以下イヤホン17本のRchについての測定結果。
機種名のアルファベット順に並べてあります。
測定系の感度校正をしていないので縦軸の絶対値には意味はありません

AURVANA In-Ear
AURVANA In-Ear2
AURVANA In-Ear2 + SHUREソフトフォームイヤパッド(EABKF1-10S)
EHP-IPIN500
ER-4PT
GH-ERC-MBW
HA-FX700
HA-FXC51
HP-B900N
LAWSON100 インナーイヤーステレオイヤホン
MA850G/B
NW-E052付属イヤホン
q-JAYS LE
RP-HJF3
SHE9850
XBA-1SL
ZH-BX300
ZH-BX500



測定条件
ARTAの設定はサンプリングレートを96kHz、アベレージングを10にした以外はデフォルト。
再生:96kHz/16bit GA-H67N-USB3-B3光デジタル出力 ―(RP-CA2010-W)― HP-A7
録音:96kHz/16bit 自作測定用マイク(WM-61A) ― GA-H67N-USB3-B3マイク入力

| 小ネタ | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。