≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MUSE真空管アンプ レビュー

Pic_MUSE_Tube_Amp.png

秋月電子で4800円で販売されているヘッドホンアンプ。
6N11という真空管を使用しているらしい。

※リンク 秋月電子通商販売ページ


【周波数特性】
FR_MUSE_Tube_Amp.png


【出力インピーダンス】
Zo_MUSE_Tube_Amp.png


■RMAAによる歪率等の測定結果(16Ω負荷時)
GA-H67N-USB3-B3ヘッドホン端子と接続して測定




以下私の主観的評価。事実とは異なる部分もあるかも。

・付属品はRCA端子のカバーとステレオミニ->ステレオ標準変換プラグのみ。
 秋月電子ではACアダプタは付属しないことに注意。
 私はアイコー電子TW-24010Uを別途購入して使っている。
・消費電力は10W程度。室温20℃で使っていてもかなり熱くなる。
・電源ON/OFF時に割と大きなポップノイズあり。要注意。
・私が購入したものは音が出ない初期不良で、新しいのと交換してもらったのだが、
 最初のものはボリュームがクリック感のないもの、交換品はクリック感のあるものだった。
 また、付属変換プラグも最初のはニッケルメッキ、交換品は金メッキだった。
 個体によって使われている部品が変わっているのが普通なのかも知れない…
・その交換品も、Rchの特性がいろいろ怪しい。
 Rchだけガリノイズがあり、また歪やクロストークの値も異常に大きい。
 初期不良とまでは言えない気がするので再交換依頼はしていない。


品質面ではかなり問題がありそうだし、特性にも特に優れている点は見当たらない。
取れる音量の大きさを除けばPCのヘッドホン端子の方が断然まとも。
実用品としてはおすすめできない。
買うならいろいろ改造して遊ぶ用、
あるいは机上の飾りとして買うつもりでいた方がいいと思う。
 

| DAP, DAC, ヘッドホンアンプ | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。