≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スピーカー、イヤホン、ヘッドホンのエージングについて まとめ

スピーカー、イヤホン、ヘッドホンのエージング(バーンイン、ブレークイン)
について調べたことをまとめました。


■スピーカーにおけるエージング効果

スピーカー(のウーファー)ではエージングによって特性変化が見られることがあります。
http://diyaudio-ssd.sub.jp/pluto/pluto2.html
http://rilsrt.web.fc2.com/documents/RILSRT005_Imai_Aging-Effect.pdf
http://monoadc.blog64.fc2.com/blog-entry-84.html

Loudspeaker Design Cookbook 7th edition の195~196ページにも
break-inについての実測データを含む記載あり。


この変化は、定性的には
「動作によってスピーカーのエッジやダンパー(スパイダー)が柔らかくなり、
 その結果として最低共振周波数f0や共振の強さQが低下する」
と説明されるようです。




■イヤホン、ヘッドホンにおけるエージング効果

イヤホン、ヘッドホンでもスピーカーと同じようにエージング効果があると考えていいのか?
というと、そうではありません。以下2つのリンク先が参考になると思います。

http://fuchinove.ninja-mania.jp/aging900stdriver.html
http://desk.mywork.co.kr/zboard/zboard.php?id=technical&no=57
(google翻訳版)

イヤホンやヘッドホンとスピーカーでは、構造も使われている素材も異なるため、
同じように考えることはできないということです。
イヤホン、ヘッドホンにおけるエージング効果がどの程度あるのかは、
イヤホン、ヘッドホンで実験して調べるしかないのです。




■イヤホン、ヘッドホンのエージングに関する実験例

イヤホンやヘッドホンのエージングを実測した例を私の知る限り紹介します。
測定条件が不明だったり、精度が悪すぎたりと注意すべきものもあります。
(測定条件が不明のものは紹介すべきではありませんが、
 エージングに関する実験例があまりに少ないので仕方がなく入れてあります。)

データを見る際には測定条件などをよく確認しましょう。


淵野辺
 エージング野郎K324P
 エージング野郎 CD900STのドライバー編

粗忽ヘッドホン
 雑記5:エージング野郎2007

He&Biのヘッドホンサイト
 第52回 エージングによる音の変化の測定による観察

Innerfidelity
 Evidence of Headphone Break-In?
 Break-In, Part Deux 
 On the Measurement and Audibility of Headphone Break-in

Mountain_Rice_Oppose
 The effect of break-in: SONY MDR-EX1000
 The effect of break-in: Sennheiser HD650
 The effect of break-in: Fostex T50RP
 The effect of break-in: Vsonic VC02

・イヤホン測定結果置き場(このブログ)
 イヤホンのエージングと音質 実験1
 イヤホンのエージングと音質 実験2




■その他

・ヘッドホンでは時間によってパッドが潰れることによる音質変化はあります。
 http://rinchoi.blogspot.jp/2012/04/introduction-it-is-generally-known-that.html
 http://sonove.angry.jp/HD650_Pad_effect.html

・カナル型イヤホンではフィルタが耳垢で詰まることによる変化もあるかも。
 残念ながら実測データは見たことがありませんが、
 ER-4などで測定してみれば変化が見えるかもしれません。

・人間の聴覚の特性上、耳の慣れもあります。
 http://sonove.angry.jp/about_localization.html

・エージングより遥かに大きな物理的変化や、
 聴感への影響をもたらす要因が多数あります。

 イヤホンの個体差イヤホンの挿入深度、ヘッドホンの装着位置、聴取時の音圧レベル…
 定量的にどの程度かはともかく、定性的には温度変化による影響も確実にあります。
 高分子素材の柔らかさが温度変化した結果f0がシフトしたり、
 音速の変化によりヘルムホルツ共鳴や閉管共鳴ピークがシフトしたりなどなど。
 人間である以上心理効果の影響も免れられません。

・このようにエージングによる変化だけを抽出できない以上、
 人間の耳でエージングによる音質変化があるかどうか判断するのは不可能です。
 耳で聞いた感想は何の根拠にもなりません。

 常に温度、湿度などの条件が同じ環境にいて、
 毎回寸分の狂いもなく同じ位置にイヤホン/ヘッドホンを装着することができ、
 毎回寸分の狂いもなく同じボリューム(音圧レベル)に設定でき、
 数日前に聞いた音の細部まで完全に記憶しておける能力があり、 
 かつ心理効果の働かない脳を持っている人がいれば、話は別かもしれませんが。

・エージング効果がどの程度か?人間の聴感に有意に影響するほどの大きさか?
 これらを明らかにするには地道に実験観察を積み重ねるしかありません。
 エージングの実験はその性格上難しいですし、
 一つ実験すれば即解決、というわけにはいかないと思いますが、
 科学的方法に則った実験観察なしにはいつまでも何一つ確かな知見は得られません。





■今の私のエージングについての考え


エージングの効果についての学術的興味はありますが
私自身でこれ以上(ドライバの)エージング実験をするつもりはありません。
理由は主に三つ。
 

一つ目は、エージングによる特性変化が小さすぎて、
私の測定環境では定量的に変化の大きさが調べられないから。
 
二つ目は、エージングの実験には非常に時間と手間がかかるから。
 
三つ目は、エージングに関する知識を増やしても実用的には意味がないから。 
一般にドライバのエージング効果が極めて小さいことは既に明らかですし、
エージングによる変化などより、他の要因の方が音質的に遥かに重要です。


つまり、エージングについて調べるのは手間がかかる上に難しく、
そのくせ実用的には殆ど無意味なのです。


私自身はもうやりませんが、興味のある人にはどんどん実験してもらいたいです。
もしかしたらエージング効果がはっきり表れる機種もあるかもしれませんからね。

| エージングについて | 22:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつもイヤホン測定楽しませてもらっています。少し思うところがあったのでコメント失礼します
自分は過去にEX90SLを持っていたのですが、長期間聴いた結果高音が丸くなった感じがありました
このカナルが気に入っていた事もあり脱線を機に二つ目を購入したのですが、開封したてでもまったく同じ音がなっていてエージングの効果に疑問があったのですが・・・
数値による明確な裏付けもあり大変参考になる記事ですね。疑問も晴れました
耳慣れや思い込みはかなり大きいと思いますが、adcさんの過去の記事を参考にするとイヤーピースや装着具合も要因としては大きそうですね
個人的にエージングの楽しみよりは、安定して鳴らしてくれてる方が安心して聴けるのでありがたいです。それを知れて良かったと思います
過去の実験も含め検証お疲れ様です

| とくめー | 2012/12/21 02:02 | URL |

コメントありがとうございます。

> 高音が丸くなった感じ
原因は心理的要因か物理的要因か…
エージング以外にもいろいろ考えられ特定は困難ですね。
仮にイヤホン自体に変化があったとすれば、ドライバの変化よりは
フィルタの詰まりによる変化の方が可能性が高いように思いますが、
もしかしたら記事では触れていない年単位での経時変化もあるかもしれません。
まあ、実測データなどの根拠がない以上、何を言っても私の憶測にしかなりませんね。

> 個人的にエージングの楽しみよりは、安定して鳴らしてくれてる方が安心して聴けるのでありがたいです。
私もエージングは全く気にしていません。
使うイヤホン/ヘッドホン/アンプはもう既にほとんど決まっているので、
最近はイヤーピース選びや挿入深度、イコライザの調整に凝っています。

| adc | 2012/12/21 22:19 | URL |

古い記事にレスで恐縮ですが

2つ同時に買ってまず両者が誤差程度でほぼ同じであることを確認します。
片方だけ鳴らしたまま200時間ほど放置します。
長時間装着したわけではないのでイヤーパッドやイヤーピースのヘタりはありませんし、放置していたため耳が慣れたという事はありません。
この状態で鳴らし続けた個体と鳴らしていない個体を比較すると機種によってはものすごく違うのでエージングは絶対にあると思ってます。

話題にあがったEX90は変化が顕著な部類ですよ。
長年使った自分のものと買ったばかりの友人のものでまるっきり違う音でした。
暫く経ってから比較したらほぼ同じ音になってました。
これを説明するのにエージング以外に何があると??
ちなみにダブルブラインド(ABX)でしっかり有意差が出ます。
比較する音楽ソースやDAPによっては差が解りにくいものがあるのも確かですが。

| sum | 2014/07/09 22:06 | URL | ≫ EDIT

根拠なしでは……

sumさん

根拠となるデータが一つもない状態で自説を展開されても、議論になりません。
全てがsumさんの勘違い、ということで完璧に説明がついてしまいます。
他も突っ込みどころしかないようなコメントですが、一つだけ。

> これを説明するのにエージング以外に何があると??
・ sumさんの思い込み、勘違い(物理的な音の変化によらない心理的な音の変化)
・ 聴取時の装着具合など、エージング以外の要素による物理的な音の違い
・ フィルタへの耳垢の詰まりなど、レシーバ以外の経時変化による物理的な音の違い

試験条件も測定データも提示されていない以上、可能性だけなら他にも限りなく挙げられます。sumさんが感じた「心理的な音」の変化の要因が何であるかは、条件を整えて実験をしなければ絞り込めません。

エージングが云々と主張したいなら、実験結果や既知の理論に基づいた計算結果などの根拠を示せということです。これはエージング以外の話題についても言えることです。

| adc | 2014/07/21 01:31 | URL |

abcさん

「スピーカーにおけるエージング効果」について
今井のレポートのご紹介有難うございます。

エージングは、感覚的に表現されるので、出来る範囲で
数値化してみたいと思いました。

「Audio BBS」からabcさんのブログにきました。
従前に書き込みをした事がありますが、現在は
ウオッチしています。

 今後とも良い研究を進められます様に。

| 今井 明 | 2015/02/08 07:39 | URL | ≫ EDIT

今井 明さん

エージングに関するレポートはあまりありませんので、
こちらこそ貴重な情報を得られ、感謝しております。
本ブログは今後もときどき更新していくつもりですので、
よろしければまたご覧ください。

| adc | 2015/02/26 23:45 | URL |

カナル型イヤホンを付けてると耳穴が緩くなったという話を聞いたことがあります。
外耳道周辺は軟骨でできているのでイヤホンの影響で耳穴の口径が変わって挿入深度が変わった可能性もありそうな気がします。

| さびねこにゃ | 2015/07/17 13:58 | URL |

さびねこにゃさん

なるほど、仰るようなこともあるかもしれませんね。私としても気になります。
耳の形状の経時変化を測定した結果なんて見てみたいです。
何処かにデータがあればいいのですが、難しそうですね。

| adc | 2015/09/20 00:47 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。